髪の毛の美容について

顔の美容が大切なように、髪の毛の美容も大切です。毎日のように髪を洗って、ドライヤーで乾かして、くしでとかしてと、丁寧にヘアケアをしているつもりが、実はダメージの原因になっていることもあります。

髪を洗うときの摩擦で、髪の毛同士が擦れ、ダメージを受け、強い洗浄成分を使うと、髪の成分が流出してしまいます。髪をとかすときに、くしと髪の毛、または髪の毛同士が擦れてしまい、ドライヤーの熱風が、髪の毛の水分をとばしすぎてしまうことがあります。高い熱を与えると、髪の性質が変わってしまうことがあります。

また紫外線によって、髪の毛が変色したり、髪の性質が変わったりしてしまいます。 ヘアカラーで、髪の中にある色素を抜いて、新たな色素成分を入れるため、空洞化しやすくなり、髪のタンパク質が加水分解されタンパク質が流出してしまいます。

10パーマも髪の毛を痛めやすいので注意して下さい。髪の中にある本来の繋がりをパーマ剤で解いてクセを付けるため、再結合できなかったタンパク質が流出して空洞化してしまいます。縮毛矯正では髪の繋がりを解いた状態で高い熱を与えるため、髪の性質が変わってしまいます。

髪の毛の主なダメージの原因は、髪の毛のタンパク質が流出することです。髪の毛はほとんどがタンパク質でできています。髪の毛のタンパク質は、特にヘアカラー剤やパーマ剤に含まれるアルカリ剤や酸化還元剤などの成分によって加水分解や酸化などの作用を受けてしまいます。これらの作用は、いずれも髪の中のタンパク質を流出させてしまい、空洞を作ってスカスカにするため、切れ毛やパサつき、ごわつきなどの原因になってしまいます。ヘアカラーやパーマダメージの原因は髪の毛のタンパク質が分解されて流出してしまうことにあります。

これらのダメージをケアするためには、ダメージで失ったタンパク質をタンパク質で補うのが最も良く、PPTがとても有効であるといえるのです。髪の美容にも気を配る事が大切です。

高槻の脱毛サロン情報はここ
脱毛高槻の口コミ情報

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です